• 安さだけで選ぶにはリスクがあるウォーターサーバー

    ウォーターサーバー業界はまさに顧客獲得競争が激しくなっている最中です。

    インターネット上での口コミの状況を見ても最も重視されているのが毎月の費用であり、ウォーターサーバーのレンタル料金と水の購入費用、電気代や送料といった点を加味してランキング付けがなされています。
    そういった情報を参考にして購入する人が多いことから、サーバーを提供する企業においては激しい価格競争が繰り広げられています。実際にユーザーとしても費用が安いことに越したことはないので、つい安いと言われる企業の提供するサーバーを選んでしまいがちです。



    しかし、実際にそれだけを理由に選んでしまことにはリスクがつきものであるということは留意しなければなりません。価格を下げるためには何らかの方法でその代わりに利益を得るか損失を減らす努力がなされているはずだからです。

    それが技術開発によってコストダウンが見込めたからであったり、水が安く手に入られるようになったからであったり、シェアが広いために一家庭からの収入が少なくても全体として利益を見込めるからであったりすれば問題はないでしょう。

    教えて!gooは支持されています。

    しかし、サービス面にしわ寄せが来ていることも少なくはありません。
    ある程度の費用がかかるウォーターサーバーの場合にはメンテナンスにプロのエンジニアを派遣するのに対し、アルバイトを雇って派遣するといった形で費用を削減している可能性があります。

    ウォーターサーバーの電気代

    アフターサービスという観点をもって安くても大丈夫なのかという警戒心ももちながらウォーターサーバー選びをするのが重要です。